伐採や間伐を業者に依頼する|自然環境を守るために

男性

こまめな草刈りが大切

家

自宅の庭の草刈りをしないという人は、近所迷惑になっている可能性があります。トラブルに発展しないためにも、庭付きの住宅に住んでいる人は業者に依頼し、草刈りを行ないましょう。

More Detail

間伐の必要性

植物

良い樹木からは燃料と食料がとれます

庭木の剪定は必要でも、伐採・間伐が必要なほどの庭を所有している人は少ないです。しかし、別の場所にある私有地の伐採・間伐が必要な人は多いものです。私有地は大体荒れ放題か、雑木林になっている場合が多いです。収穫目的の樹木を植えている場合は、適切な伐採・間伐作業が必要です。それ無しでは日当たりと風当たりが悪くなり樹木がちゃんと成長しなくなってしまいます。良い樹木は良い薪になります。また、加工用の木材にもなります。適切な手入れをした樹木はあらゆることに使えるマルチな素材なのです。昔の日本人はこのような雑木林を近隣に設けることで、食料と燃料と木材を得ていました。今、そのような古来からの生活習慣が見直されており、伐採・間伐作業の必要性があちこちで高まっています。雑木林からは薪や木の実などが取れます。

日当制で支払うのが基本です

雑木林の伐採・間伐作業となると、チェーンソーが必要な道具です。斧で木を倒すような作業は今日では行われていません。つまり、危険が伴う作業なのです。素人がチェーンソーを使うことの恐ろしさを想像するだけで冷や汗が湧き出てきます。このチェーンソーを使った伐採・間伐作業の料金は、一人一人の日当の合計額となります。2人雇えば、一人日給1万円として、合計2万円かかります。これは主にシルバーセンター等を経由した場合の賃金価格ですので、林業の会社に依頼すればもう少し高くなるかもしれません。しかし、雑木林の伐採・間伐作業にそれほどお金を掛ける必要もありませんので、十分です。完全な自己責任ですが、自分でやる場合は、チェーンソー代と燃料費だけで済ませることも出来ます。個人的に、これはお勧めいたしません。経験者のみが行って下さい。