プロに依頼する|伐採や間伐を業者に依頼する|自然環境を守るために

伐採や間伐を業者に依頼する|自然環境を守るために

園芸用品

プロに依頼する

花

伐採とは庭や森林に生育している樹木を根元から切り倒すことですが、素人の手には余る作業です。実際のところ伐採作業には想像以上の手間と技術が必要です。 自宅に生えている樹木を伐採するとしましょう。まず専門業者に連絡を取り、現地調査の上見積もりを出してもらわねばなりません。伐採前には自治体への道路使用願いの申請を行い、ご近所への事情説明も欠かせません。いざ伐採を行う際も、枝おろしからはじまり、根元からの切り倒し、伐採木の搬出と運搬・処分を行います。その後のご近所への挨拶と清掃も忘れてはなりません。 ちなみに重機を活動させることが不可能な場所で、二十メートルを超える樹木の枝おろしや伐採を行うスペシャリストを空師と呼びます。その人数は限られていますが、空師の所属する伐採専門業者はそれだけ社会的信用度が高いといえるでしょう。

住宅周辺や庭の雑草の中でも、イネ科のものは特に繁茂力が強いのが特徴です。 そのため雑草全般の伐採を行えば行うほど、イネ科以外の雑草は淘汰されますが、イネ科は伐採後、すぐにまた生えてきます。その結果、伐採すればするだけイネ科植物を食料とするカメムシなどの害虫が栄えてしまうことになります。特に地面すれすれまでの短い刈り方は、カメムシが繁殖することの後押しとなってしまいます。 これらは、一般的な植物の生長点の位置が茎先であるのに対し、イネ科の植物の生長点が株元にあることに起因しています。こうした理由から、イネ科の雑草の場合は、伐採を比較的地面よりも高い位置で進めますが、これを高狩りと言います。これは、カメムシ対策の大きな方法と言えます。